症状別ガイド スポーツ外傷・障害

あなたのお悩みはどこですか?

 肩・首                        膝・脚

 スポーツ外傷・障害      婦人科疾患

スポーツ外傷、障害

野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ドッジボール、陸上競技など各種スポーツによる怪我や故障についても当院へお任せください。種目によって、肩を痛める、突き指になる、他のプレイヤーとの接触で打撲するなど特徴があります。我慢しているとより大きな痛みを引き起こし、プレーを継続できなくなってしまう恐れもありますので早めに治療を始めるようにしましょう。

テニス肘・野球肘

テニス肘とは、ストロークを繰り返すことにより肘に痛みを生じるスポーツ障害で、バックハンドによる外側型障害や、フォアハンドによる内側型障害などがあります。

同様に、野球肘とは、投球動作の繰り返しにより肘関節に痛みを生じるスポーツ障害で、成長途中の子どもだけでなく、成人になってからも発症します。

【当院の治療】
当院では患部にRICE処置(Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:拳上)やハイボルテージ療法、超音波治療、鍼灸を施し、関連している筋肉のハリを取る手技療法を行っていきます。また、大会前で練習を休めない、試合があるため動かしたいなどのご要望がある際には、テーピングで正しく固定し、患部の負担を軽減させる対応もしていますので、一度ご相談下さい。

突き指

バレーボールや野球など、手を使うことが多いスポーツでよく起こる外傷です。指先に大きな力が加わり、靭帯(じんたい)が損傷したり断裂することで痛みを発症します。

【当院の治療】
熱感、腫れ、内出血などがある場合は、炎症を抑えるためにアイシングとテーピング固定をします。また、極力患部を動かさず、安静状態を保って、当院にご来院下さい。

腱鞘炎

指を曲げたり伸ばしたりするときに、筋肉の力を伝えるひも状のものを腱(けん)と言います。その腱を覆う腱鞘(けんしょう)に炎症が起きると、動かす度に痛みが走るようになります。手や指先を頻繁に動かす仕事の方に出やすい障害です。

【当院の治療】
痛みの原因となっている場所を探し出し、トリガーポイント療法、鍼治療にて治療していきます。手首の矯正なども症状によっては行います。

足首の捻挫

スポーツをする中で最も多い怪我であり、日常生活でも頻繁に起こる外傷の一つです。足首の靭帯(じんたい)が過度に伸びたり、断裂したりして、痛みを発症します。痛みだけでなく、患部に腫れや内出血などが表れることもあります。よくある症状だからと放置したり、正しい治療を怠ると、後遺症が残ったり、くせになったり、腫れがひどくなったりしてしまうこともあります。

【当院の治療】
まず炎症を抑えるためにアイシングで患部を冷やした後に、治癒を促進する刺激を加えます。当院では症状や状態に応じて、治療法や固定法、その後のリハビリ法を組み合わせております。骨折を伴っている可能性もありますので、まずは専門家に早めに診てもらうことをおすすめします。

肉離れ

急激に筋肉を動かした結果、筋肉の一部が断裂・損傷し、痛みを発生します。重症の場合は、患部が陥没していることもあり、完治するのに3ヶ月以上かかるケースもあります。

【当院の治療】
まずはRICE処置(Rest:安静 Ice:冷却 Compression:圧迫 Elevation:挙上)や電気療法により内出血を抑えます。さらに、症状に合わせて患部の固定を行い、痛みが落ち着いてきたら手技療法と筋線維に刺激を加える治療を施し、治癒を促していきます。

シンスプリント

別名「脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)」とも呼ばれ、ランニングやジャンプ動作の繰り返しにより痛みを生じることが多く、陸上競技(走る競技)の選手に多く見られます。走る度にスネに沿って痛みが発生し、症状かひどくなると、疲労骨折にもつながる事があるため、走って痛みが出るよう場合は注意が必要です。

【当院の治療】
当院ではシンスプリント治療に有効な手技療法や鍼灸を用いて治療いたします。痛みの原因を除去するだけでなく、個々人の動作のくせをもとに、運動する際の注意点などもアドバイスしていきます。

オスグット病

別名「成長痛」とも言われ、小学校の高学年~中学生の年代に起こる障害です。太ももの前面の筋肉が膝のお皿の下の骨を引っ張り、痛みを引き起こします。放置すると、引っ張られている骨が徐々に剥がれてしまい、剥離骨折(はくりこっせつ)を起こすこともあります。

【当院の治療】
当院では症状により、テーピングによる固定や、予防法、スポーツをする際の注意点などをアドバイスしていきます。