2013.11.24更新 JSA手技療法セミナー

JSA(Joint Skating Approach)
JSAとは、関節面がまるで『アイススケートをするように軽やかに滑ること』をイメージしてつくられた造語です。
その目的は、『関節機能障害の改善・予防のために、関節運動学に基づき、関節運動を滑らかにし、さらに関節の構造全体を正常化することを目的とした手技療法』です。昨日は協会会長である、田口先生による特別セミナーに参加しました!最新にして最高水準の関節矯正・調整法です。田口先生の手技はわずか数秒で大変ソフトですので、実際受けていても何をされたか分からないほどです。しかしその手技により、首・肩や腰・膝などの痛みが消え可動域が改善します‼︎今回のセミナーでは、腰と骨盤を徹底的に教わりました。明日から早速実践していきたいです‼︎